PASS THE BATON MARKET Vol.3

Dead Stock とは 【デッドストック】

『PASS THE BATON MARKET ‒デッドストック陶器市 九州編‐』に集められたデッドストック品は、発売前に作られたプロトタイプやサンプル品、カタログ落ちなどにより商流から外れてしまった廃盤品(は いばんひん)など。今では技術やコストなどにより生産が難しくなったものや業務用食器として流通していたため個人で は入手ができないものも多数揃います。

ご購入の注意:

保管時や輸送時についたキズなどがある場合がございます。中古品ではありませんがデッドストック品の特徴となりますのでその点を予めご了承いただき、ご購入をお願いいたします。

Off-Specとは【規格外品】

『PASS THE BATON MARKET ‒デッドストック陶器市-』における規格外品とは、生産過程で必ずある一定数が発生し廃棄の対象となってしまうものの中より選定した、使用に支障のないセカンドクオリティー商品のことです。規格外になる理由は生地や釉薬(ゆうやく)の種類、器の形状、デザインにより様々。単一工場の大量生産とは異なり、すべての作業工程に人の手が加わっていることや四季のある気候や温度による環境の変化によっても個体差が生じます。日本の厳しい検品基準により商流から外れたものですが見方を変えればそれぞれ個性的な1点ものです。

ご購入の注意:

使用に支障のない程度の商品を選定していますが、セカンドクオリティーの理由やその箇所はその商品それぞれに異なります。それぞれの個性をお楽しみいただける方のご購入をお願いいたします。購入後の返品やクレームにつきまして受付をいたしかねますので、その点を予めご了承ください。

ピンホール

針穴のようなへこみのこと。不純物の定着や釉薬と陶土(焼きもののベースとなる土)の相性でできることがあります。
写真左:使っていくうちに穴に汚れが溜まり、目立ってくる場合もあるので、ピンホールがひとつでもあると規格外品扱いとなってしまいます。
写真右:パッと見ただけでは判別が難しいのですが、光の反射で判別することができます。

ゆがみ(左-正規品、右‐規格外品)

ゆがみ(上-正規品、下‐規格外品)

焼成温度や生地の状態で、器にゆがみが出てしまったもの。
写真上:真上から見ると規格外品の方が楕円形に広がっています。
写真下:見た目ではほとんど判定できなくても、ゆがみがあるとスタッキングが難しくなったりします。

釉薬(ゆうやく)ダレ、色ムラ
(左-正規品、右‐規格外品)

ひとつひとつ手作業で釉薬(色みや光沢の素となる泥状の液体)をかけているため、釉薬にムラができ、厚みが均一ではない場合があります。釉薬の濃度は比重計で管理されていますが、焼成する窯の場所、釉薬に付けている時間、器の生地のコンディション(乾燥度合い)によっても色の違いが出てきます。
写真:全体的に薄く仕上がり、黄色の発色が弱い右の器が規格外品

黒点(鉄粉)

陶土にもともとふくまれている鉄粉や不純物が、焼成後に現れる黒点のこと。ただし、商品によって“味わい”とみなされることもあり、鉄粉が複数あってもあえて良品とすることもあります。基本的に大きく目立つ場合は規格外品。マーケットでは5mm以下の黒点を基準にしています。

- 他にもB品といえば -

釉薬飛び

釉薬が載っていない部分のこと。釉薬と生地の膨張率の違いから、この釉薬飛びが発生したり、釉薬が剥がれでしまうことがある。

突起(とっき)

表面にチリや石が付着したまま焼成してしまうことで現れる突起物のこと。

キズ

作業過程でできてしまうキズ。特に青系の釉薬(ゆうやく)は傷つきやすい。

- 以下はB品ではありません -

貫入(かんにゅう)

陶磁器や陶器の釉薬の部分にできる細かいひび模様のこと。素地と釉薬の膨張率の違いで発生し、意図的に貫入を入れることもあります。 実際のヒビとは異なり、割れる心配がなく、貫入に液体が入り込み、景色が変わっていく過程が味わいとされている。

凹み

生地の元となる泥漿(泥状の液体)を石膏型に流し込む際に注ぎ口(=鋳込み口)にできるわずかなへこみのこと。圧力鋳込みで成形すると必ず発生する。

Contact

PASS THE BATON MARKETへの出店に関するご相談、一緒に企画を企てたい方からのご連絡をお待ちしております。また取材に関するお問い合わせについてもお気軽にお問合せください。後日、担当者よりご連絡申し上げます。